不動産を相続するときのポイント

不動産を相続するときのポイント

不動産を相続するときのポイント 不動産を相続する際には、節税に結びつく方法を考えて実践することが重要なポイントになります。不動産は高額な資産であるため、節税対策をするとしないとでは税額が大きく違ってきます。ただし、相続税がかかるのは基礎控除額を超える部分だけですので、評価額が低い不動産の場合は税金の納付は不要です。
基礎控除額を超える部分がある不動産を相続する際には、小規模宅地等の特例の要件が満たされると税額が50%から80%減額します。小規模宅地等の特例が適用されるためには、土地の上に建物があることが絶対条件になります。よって、土地が更地のままだと税額が増えるため、生前のうちに更地の上に建物を建築しておくと残された家族の税負担が軽減します。更地に建築する建物は賃貸物件がおすすめで、賃貸物件だと小規模宅地等の特例で税金が大幅に軽減されます。また、建物が空き家の場合も税額が増えるため、生前のうちから空き家を賃貸に供しておくと税額が低くなります。

不動産相続後の「ウッカリ脱税」に注意

不動産相続後の「ウッカリ脱税」に注意 不動産を相続したときにはうっかりして脱税になってしまわないように注意が必要です。不動産というのは価格が高いことが多いですから、普通は納税など必要ないと思っているような人でも相続税がかかってくることがあります。サラリーマンなど、納税のことは基本的に会社が全てやってくれていたというような人はさらに要注意です。
ただしどんな場合でも課税されるわけではありません。基礎控除として、3000万円に加えて相続人の数に600万円を掛けた金額までは相続税がかかりません。例えば配偶者と子供2人であれば4800万円までであれば非課税となります。これを越えた部分にのみ、税率を掛け算して納税額が決まります。例えば越えた部分が1000万円以下であれば10%となっており、掛け算して100万円となります。このように、基礎控除を超えればたとえ10%といえども相続税がかかってきますので、うっかりして脱税ということになってしまわないようにしましょう。

新着情報

◎2024/2/16

不動産担保で融資を受ける
の情報を更新しました。

◎2023/11/15

清潔な環境づくりを大切にしよう
の情報を更新しました。

◎2023/9/28

慎重に計画を立てる事で結果が変わる
の情報を更新しました。

◎2023/6/19

インフレーション時の不動産投資のメリットとは
の情報を更新しました。

◎2023/4/11

不動産の老朽化は日本各地で起こっている現象
の情報を更新しました。

◎2023/1/16

不動産選びの際にはユニークな設備もポイント
の情報を更新しました。

◎2022/11/17

不動産の好立地の条件について
の情報を更新しました。

◎2022/08/20

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

情報を更新しました。
>賃貸として不動産を探す際のポイントを把握しておく
>信頼できる不動産屋さんを選びそこで希望する物件を探す

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

情報を追加しました。

> 不動産でよく使われている専門用語について
> 不動産のメリットとは何か?現金とはどう違うのか
> 不動産はすぐに現金化できないのがデメリット
> 不動産を手に入れる場合のマナーを知っておく
> 不動産を相続出来るのは第三順位の血族まで

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

サイト公開しました

◎2022/6/16

情報を更新しました。
>賃貸として不動産を探す際のポイントを把握しておく
>信頼できる不動産屋さんを選びそこで希望する物件を探す

◎2022/3/8

スムーズに物件を紹介してもらうには
の情報を更新しました。

◎2022/1/13

物件の価値などを十分に理解してくれる不動産を選ぼう
の情報を更新しました。

◎2021/10/7

情報を追加しました。

> 不動産でよく使われている専門用語について
> 不動産のメリットとは何か?現金とはどう違うのか
> 不動産はすぐに現金化できないのがデメリット
> 不動産を手に入れる場合のマナーを知っておく
> 不動産を相続出来るのは第三順位の血族まで

◎2018/5/8

不動産売買仲介業の歴史
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産を相続するときのポイント
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

なぜインフレに強いと言われるのか
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

マンションの売却依頼のコツ
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

価値をあげるテクニック
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 相続」
に関連するツイート
Twitter

不動産27年。世の中のオーナーが困っていること❽選 ①空室がなかなか決まらない ②キャッシュフローの悪化 ③管理会社の対応が悪い ④建物が古くなってきた ⑤近隣住民とのトラブル ⑥入居者からのクレーム ⑦事業継承・相続 利益の出ない物件を持ち続けている人が踏み切れないあの行動はプロフです

あなたは大丈夫ですか? 不動産相続登記の申請義務化スタートまで1ヶ月を切りました。この制度では義務化開始前に相続した不動産も、未登記の場合は義務化の対象です。 罰則規定もあります。

改正戸籍法が3月1日に施行される。本籍地が遠かったり、請求先が複数あったりする場合にまとめて最寄りの役場で戸籍証明書を取得できるようになる。4月には不動産相続登記の申請が義務化される。義務化に合わせて簡易にオンラインで登記申請できる制度も始まる。

新しい相続のカタチ「家族信託」 [Repost]

そういえば、こないだの飲み会でたまたま隣になった不動産屋さんが「相続登記義務化といっても罰則はないししなくても良いんですよ」と真顔で言ってた。 その根拠はなんだという視線を向けながらクソ上手い石川の酒をクピクピ飲むオレ。