なぜインフレに強いと言われるのか

なぜインフレに強いと言われるのか

なぜインフレに強いと言われるのか 不動産を活用して資産運用を行う場合には、アパートやマンションを購入するのが一般的です。預貯金はインフレに伴って目減りするリスクがありますが、不動産の場合には物価に連動して評価額が上昇するので、資産価値を維持することが可能です。家賃も物価と連動して上昇するのが一般的であり、保有しているアパートやマンションの賃料も、将来的には少しずつ上昇する可能性が高いです。
したがって長期間保有することによって手取り収入も増えるので、消費者物価が上昇しても、家賃収入で暮らしを守ることができます。確かに保有するアパートなどが古くなったときには、大規模修繕工事などへの支出も必要です。しかしこまめに物件のメンテナンスを行うことで、保有している不動産の資産価値も高まります。特に都市部の物件は数が限られているので、人口が集中することによって、将来的には更に需要が増加します。
そのために優良物件であれば、物価よりもハイペースで評価額がアップする場合も多いです。

不動産は価値の性質が「不動」に近い

不動産は価値の性質が「不動」に近い 不動産は土地やその定着物としての建物などの財産を指すことばで、家財道具などのように持ち運んで手元に置いて占有できる動産とは対をなしている概念です。
ただし自動車のように動産にもかかわらず、ナンバープレートや持ち主の住所氏名などを登録しておく制度が採用されているなど、不動産の登記と同じような取り扱いを受けている財産もあります。こうした本来の意味はさておき、不動産は動かすことができない性質から、その価値自体が不動に近い部分もあるといえます。
たとえば駅前の一等地にある土地は、将来的にその環境が変わらないかぎりは、一等地としての価値を持ち続けるものであり、その土地の上にあるオフィスビルやマンションなどの建物も、経年劣化の部分は差し引くとしても、やはり市場では高値で取引されるのが普通です。不動産投資をするにあたっても、こうした物件が持つ固有の価値をよく考えた上で、購入するかどうかを決めることが求められます。

新着情報

◎2024/4/3

不動産と空き家の活用術に関する情報
の情報を更新しました。

◎2024/2/16

不動産担保で融資を受ける
の情報を更新しました。

◎2023/11/15

清潔な環境づくりを大切にしよう
の情報を更新しました。

◎2023/9/28

慎重に計画を立てる事で結果が変わる
の情報を更新しました。

◎2023/6/19

インフレーション時の不動産投資のメリットとは
の情報を更新しました。

◎2023/4/11

不動産の老朽化は日本各地で起こっている現象
の情報を更新しました。

◎2023/1/16

不動産選びの際にはユニークな設備もポイント
の情報を更新しました。

◎2022/11/17

不動産の好立地の条件について
の情報を更新しました。

◎2022/08/20

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

情報を更新しました。
>賃貸として不動産を探す際のポイントを把握しておく
>信頼できる不動産屋さんを選びそこで希望する物件を探す

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

情報を追加しました。

> 不動産でよく使われている専門用語について
> 不動産のメリットとは何か?現金とはどう違うのか
> 不動産はすぐに現金化できないのがデメリット
> 不動産を手に入れる場合のマナーを知っておく
> 不動産を相続出来るのは第三順位の血族まで

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

サイト公開しました

◎2022/6/16

情報を更新しました。
>賃貸として不動産を探す際のポイントを把握しておく
>信頼できる不動産屋さんを選びそこで希望する物件を探す

◎2022/3/8

スムーズに物件を紹介してもらうには
の情報を更新しました。

◎2022/1/13

物件の価値などを十分に理解してくれる不動産を選ぼう
の情報を更新しました。

◎2021/10/7

情報を追加しました。

> 不動産でよく使われている専門用語について
> 不動産のメリットとは何か?現金とはどう違うのか
> 不動産はすぐに現金化できないのがデメリット
> 不動産を手に入れる場合のマナーを知っておく
> 不動産を相続出来るのは第三順位の血族まで

◎2018/5/8

不動産売買仲介業の歴史
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産を相続するときのポイント
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

なぜインフレに強いと言われるのか
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

マンションの売却依頼のコツ
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

価値をあげるテクニック
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 インフレ」
に関連するツイート
Twitter

資産は不動産ばかりだから、インフレ対策バッチリと思ってた郊外ポジション多めのワイ氏 気づかないふりをしてきたけど、どんどん値上っていく立地の不動産じゃないと、 インフレ対策にならないのでは😇

アメリカ政府は実質倒産状態で経済は崩壊、極度のインフレなのに政府は経済データの改ざんで誤魔化している。利上げの影響で企業のローン返済能力は限界、不動産価格が暴落、都市部は空きビルだらけに。治安の悪化と商業施設の閉鎖で人々は次々に都市からいなくなっている。

不動産(投資)はインフレ対策に有効!」 「インフレ時は借金あるほうが有利!」 なんていう売り文句をさんざ聞かされてきたし、なんなら言ってきたんだけど…あまり実感できてないような。 ・全ての支出が高くなっている。 ・お家賃がそこまで連動して上げ切れていない。 実質が原因か…。

資金入り見た感じ、テックはやめた方が無難 とにかくインフレ関係 不動産、銀行辺りが特に良い

米国と中東の変数に…₩相場下落幅、金融危機当時より大きく 日本も¥相場下落が止まらないが日韓の最大の違いは、通貨相場下落による『好景気か不景気か?』の差。不動産投資極振りな中韓はハイパーインフレ直前まで追い込まれてる。相場が悪いから不景気だとは言えないのにw