なぜインフレに強いと言われるのか

なぜインフレに強いと言われるのか

なぜインフレに強いと言われるのか 不動産を活用して資産運用を行う場合には、アパートやマンションを購入するのが一般的です。預貯金はインフレに伴って目減りするリスクがありますが、不動産の場合には物価に連動して評価額が上昇するので、資産価値を維持することが可能です。家賃も物価と連動して上昇するのが一般的であり、保有しているアパートやマンションの賃料も、将来的には少しずつ上昇する可能性が高いです。
したがって長期間保有することによって手取り収入も増えるので、消費者物価が上昇しても、家賃収入で暮らしを守ることができます。確かに保有するアパートなどが古くなったときには、大規模修繕工事などへの支出も必要です。しかしこまめに物件のメンテナンスを行うことで、保有している不動産の資産価値も高まります。特に都市部の物件は数が限られているので、人口が集中することによって、将来的には更に需要が増加します。
そのために優良物件であれば、物価よりもハイペースで評価額がアップする場合も多いです。

不動産は価値の性質が「不動」に近い

不動産は価値の性質が「不動」に近い 不動産は土地やその定着物としての建物などの財産を指すことばで、家財道具などのように持ち運んで手元に置いて占有できる動産とは対をなしている概念です。
ただし自動車のように動産にもかかわらず、ナンバープレートや持ち主の住所氏名などを登録しておく制度が採用されているなど、不動産の登記と同じような取り扱いを受けている財産もあります。こうした本来の意味はさておき、不動産は動かすことができない性質から、その価値自体が不動に近い部分もあるといえます。
たとえば駅前の一等地にある土地は、将来的にその環境が変わらないかぎりは、一等地としての価値を持ち続けるものであり、その土地の上にあるオフィスビルやマンションなどの建物も、経年劣化の部分は差し引くとしても、やはり市場では高値で取引されるのが普通です。不動産投資をするにあたっても、こうした物件が持つ固有の価値をよく考えた上で、購入するかどうかを決めることが求められます。

新着情報

◎2024/4/3

不動産と空き家の活用術に関する情報
の情報を更新しました。

◎2024/2/16

不動産担保で融資を受ける
の情報を更新しました。

◎2023/11/15

清潔な環境づくりを大切にしよう
の情報を更新しました。

◎2023/9/28

慎重に計画を立てる事で結果が変わる
の情報を更新しました。

◎2023/6/19

インフレーション時の不動産投資のメリットとは
の情報を更新しました。

◎2023/4/11

不動産の老朽化は日本各地で起こっている現象
の情報を更新しました。

◎2023/1/16

不動産選びの際にはユニークな設備もポイント
の情報を更新しました。

◎2022/11/17

不動産の好立地の条件について
の情報を更新しました。

◎2022/08/20

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

情報を更新しました。
>賃貸として不動産を探す際のポイントを把握しておく
>信頼できる不動産屋さんを選びそこで希望する物件を探す

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

情報を追加しました。

> 不動産でよく使われている専門用語について
> 不動産のメリットとは何か?現金とはどう違うのか
> 不動産はすぐに現金化できないのがデメリット
> 不動産を手に入れる場合のマナーを知っておく
> 不動産を相続出来るのは第三順位の血族まで

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

サイト公開しました

◎2022/6/16

情報を更新しました。
>賃貸として不動産を探す際のポイントを把握しておく
>信頼できる不動産屋さんを選びそこで希望する物件を探す

◎2022/3/8

スムーズに物件を紹介してもらうには
の情報を更新しました。

◎2022/1/13

物件の価値などを十分に理解してくれる不動産を選ぼう
の情報を更新しました。

◎2021/10/7

情報を追加しました。

> 不動産でよく使われている専門用語について
> 不動産のメリットとは何か?現金とはどう違うのか
> 不動産はすぐに現金化できないのがデメリット
> 不動産を手に入れる場合のマナーを知っておく
> 不動産を相続出来るのは第三順位の血族まで

◎2018/5/8

不動産売買仲介業の歴史
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産を相続するときのポイント
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

なぜインフレに強いと言われるのか
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

マンションの売却依頼のコツ
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

価値をあげるテクニック
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 インフレ」
に関連するツイート
Twitter

プラザ合意で円高に続伸。日銀は公定歩合を引き下げずにインフレ率を抑えた。翌年は緩和に転じ、富裕層の減税も相まって名目金利が低下した。80年代後半から盛んになったエクイティファイナンス(新株発行に伴う増資)の興隆が大企業の銀行離れを加速させ、銀行は行き場のない資金を不動産へ向けた。

RBA、オーストラリア中央銀行が政策金利4.35%を7ヵ月連続で据え置き。Q1の経済成長が0.1%にもかかわらず、インフレが3.6%で依然として高く、12月までの利下げ確率が65%から55%まで下がった。間違いないなく不動産インフレを後押ししてるだろうね

返信先:小池さんの2期を振り返ると 出生率が0.99に下がった、不動産インフレを産んで都民の住宅取得が難しくなった。五輪が一部企業や政商の利権まみれだったことが判明した。こんな人に都政を任せていいものか、都民は考えることだ。

本業で出張依頼がありましたが丁重にお断りしました。インフレは進んでるのに手当は増えてないし何より移動時間がもったいない。 昔なら喜んで出張行っていたのに、不思議なものです。不動産を始めてから価値観が変わっているのをとても強く感じる。

印象ワード4日目 『現金はインフレに弱いものの流動性が高い、不動産インフレに強いものの流動性が低い、株式は流動性が比較的高くインフレに強いもののリスクが高い』 これまで雰囲気で投資をしてきたが、これからは理論も少しずつ学んでいき、事象の理由を考えられるようになりたい😼