知っておくと便利な不動産のコツをご紹介

不動産を売ったり買ったりするためには仲介してくれる不動産会社の存在が欠かせません。
持ち家を購入するという場合ではそこまで重要視しなくても良いですが、資産運用のために仲介業者を選ぶ際は慎重に選択することがとても重要です。
何故なら資産運用で物件の売買をおこなう際には仲介してくれる業者さえ選び方を間違えなければ物件売買は半分以上成功したようなものといわれているからです。ではどのように選べばよいのでしょうか。

不動産売買の際の仲介業者の選び方

不動産売買の際の仲介業者の選び方 まず、自分がどのような物件の取引をするかからまずは把握しておきましょう。物件を取り扱って居る仲介業者というのはたくさんあって、それぞれ得意不得意があります。賃貸のあっせんが得意な業者も居れば新築物件の取り扱いが得意な業者も居ます。そんな中で不動産の倍内をするのであればやはり不動産の売買を得意とする業者を選ぶようにしましょう。
もう一つチェックしておいてほしいのは仲介業者の実績です。もし自分が取引しようとしている物件が決まっているのであれば、その物件があるエリアの販売実績を調べてみましょう。
そのエリアの販売実績が高いようであれば、そのエリアの物件を探している顧客を持っている可能性があります。顧客が居れば取引相手がすぐに見つかることも多いです。

不動産仲介業者選びに失敗すると…

不動産仲介業者選びに失敗すると… マンションや一戸建てといった不動産物件は、基本的に価値が高いものです。そのため売却する際は、出来るだけ高い価格で売却したいと考える人が多かったりします。ですが実際に売却した際には、相場よりもじっと安い価格で行ってしまう人が多いです。
そんな風に売却に失敗してしまう主な理由は、業者選びに失敗してしまう事にあります。というのも、物件を売却する際には、基本的に買い主と仲介してくれる不動産業者に依頼する事になるのです。ですが大抵の人は、物件を売却した経験がないので売却の流れからいまいち分からなかったりします。そのため、相談するため近所にある不動産業者を訪ねるケースが少なくないです。
するとそこで担当者が売却の流れを説明しつつ、物件の査定を行います。しかもその査定額が適切であるかの様に、もっともらしく説明して来るので鵜呑みにしてしまい、依頼してしまうケースが珍しくないです。ですが注意が必要なのは、物件の査定額というのは業者によりかなり金額差が開く事が多かったりします。なのでその物件の売却相場も知らずに、業者選びを行うと安く売却してしまうケースが多いのです。だからこそ物件を売却する際は、出来るだけ多くの不動産仲介業者に査定を依頼し、その査定額を比較する必要があります。
そうすれば、その物件の売却相場が掴める上に、どの業者の査定が安いか高いかを見分ける事が可能です。その上で高い査定をした業者の中から、実際の利用者が評価する口コミが高い業者を選び出せば、業者選びの失敗を避ける事が出来ます。

不動産でよく使われている専門用語について

不動産の取引ではよく専門用語が出てきて一般の人だとわかりにくい物も多いです。例えば位置指定道路は、敷地に接して道を造りそれを建築基準法上の道路として特定行政庁から認可を受けたものです。
一般定期借地権だと、定期借地権制度の一形態で借地期間を50年以上として、期間の満了では原則借主は建物を取り壊して土地を返還しないといけません。
登記だと移転登記があり所有権移転のことで、売買取引では不動産の所有権が売主から買主へ移転したことを公示するために行います。印紙税は契約書などの印紙税法に定められた課税文書を作成したときに、当該課税文書に原則印紙を貼付消印して納める国税です。
契約関連だと請負契約は、受注者がある仕事の完成を約束して発注者がその仕事の結果に対し報酬を支払う契約、内金は売買契約などで手付金と残金決済の間に支払われる中間金です。
また、よく使われている売主ですが所有する不動産物件を売却する人で、これに対して取引相手を買主と言います。不動産広告等の販売形態で売主とするときは、広告主が物件を所有していて仲介業者を介さず直接契約を結ぶ形態です。

不動産のメリットとは何か?現金とはどう違うのか

不動産のメリットは様々ですが、安定性の高さが最も大きいと思われます。現金で所有しているとすぐに使ってしまいがちな人でも、不動産で所有していれば、そう簡単に使うことが出来ません。ただし不動産ならばどれでもよいわけではありません。
いざ現金化したいときにはすぐに売れるような物件を見つけるべきです。 逆にデメリットは流動性の低さですから、売りに出したときに売れないとなかなか現金化できずに、月日だけが経過してしまいます。
購入する際には安くても、数百万円から数千万円を超える物件もあります。購入する際にはじっくりと検討したほうがよいでしょう。
特に立地は大切ですから、ストリートビューで確かめたり、出来ることならば自分の目で現地へ赴き、立地を確かめてから購入を決めたほうが、後で後悔することも少なくなります。
特に昼間と夜では雰囲気が一変するようなとちもあります。ですから、昼や夜の他にも晴れの日と雨の日に現地を訪れてみる事をお勧めします。

不動産はすぐに現金化できないのがデメリット

不動産のデメリットとして覚えておきたいことが、すぐに現金化することができないという点です。
単純に不動産の売買には時間がかかりますから、お金が必要になったときに即日現金化することはできません。
更にこれが買い手がつきにくい物件だと、現金化に時間がかかるどころか、余計な費用が発生し続けるという問題があります。
不動産には税金がかかるので、手放したいと思ったときに手放すことができないと、延々とランニングコストがかかってしまい資産どころか負債になってしまうこともありえるのです。
使いみちもなく売れもせずにただただ維持費だけがかかり続けてくるほど無駄なことはありませんから、不動産の購入を検討しているときにはデメリットもよく理解しておくようにしましょう。
土地や建物に価値があったとしても、それはあくまでも買い手が見つかった場合の話であり、買い手が常にすぐに見つかるとは限らないことを、しっかりと頭に入れて置かなければなりません。

不動産を手に入れる場合のマナーを知っておく

これから不動産を手に入れたい場合には、そのマナーを理解しておきたいところです。不動産のマナーの1つは、業者に建物を見せてほしいとお願いするときは、真剣な気持ちでお願いすることが重要です。
購入するかどうかわからない状態で閲覧するのは特に問題ないですが、冷やかし半分で業者にお願いするのは、とても失礼なことになります。そのため、可能な限り真剣に業者と向き合うことが必要になるでしょう。
次に重要な事は、無理を言わないことです。例えば住宅を建築する場合や購入する場合には、不動産ローンを組むことが必要です。
このローンに関しては、必ず審査に通るわけではありません。この点、無理を言ってしまうと業者を困らせることになってしまうことになりかねません。
この時、不動産会社の従業員がその収入や借り入れ額では難しいと判断した場合には、無理を言わずそれに従うのも1つの方法です。もし絶対に納得ができないとすれば、別の業者にも依頼してみると良いかもしれません。

不動産を相続出来るのは第三順位の血族まで

不動産を相続する場合、遠縁の親戚や義理の姉など色々わからないことがありますが、親族範囲と順位は民法で決まってます。
配偶者と血族になり、これも血縁関係の自然血族と養子縁組で法的な親子関係の法定があり、優先順位もあります。
第一順位は子供・代襲相続人・配偶者、第二順位は両親・祖父母などの直系尊属、第三順位は兄弟姉妹などです。
例えば親よりも子供の方が先に亡くなるなど本来受け継ぐ人が亡くなっている場合は、代わりに孫や甥・姪が受け継ぎます。
同じ順位の血族が複数いるときは全員が当てはまり、不動産だと必ず「遺産分割協議書」を作成して、遺産分割協議書はそのあとの手続きで必要なだけでなく親族間で起きる後のトラブルを防ぐときにも役立ちます。
協議書は内容も具体的で明確にして、実印を押すことが必用で不備があると正式な書類として認められないのでわからないときは専門家に相談したほうがいいです。専門家は弁護士・司法書士・税理士がいます。

賃貸として不動産を探す際のポイントを把握しておく

生活する環境として賃貸を利用する場合、不動産を探す必要が出てきます。賃貸物件として利用できる不動産自体は多くあるので、しっかりポイントを把握した上で探す事が大切です。実際にどのような物件を希望しているのか、自分の希望や理想を明確に決めておくようにします。生活拠点としたい地域の他、駅からの距離や間取りや家賃など細かく希望をまとめておくと便利です。特に駅からの距離や家賃などは自分の許容範囲を決めることで、物件を決める際のポイントになる事が多くあります。物件自体はインターネットを利用して、物件紹介サイトを利用するのがおすすめです。複数の物件を同時に検索する事ができるので、より自分の理想に近い物件を比較しながら絞り込む事が出来ます。最終的に1つに絞るために内見は必ず行うようにし、実際に見ることで雰囲気や間取りなどをチェックする事が重要です。写真や情報では得られない細かい点なども内見であれば確認する事ができ、最終的に一番よいと感じる物件を見つける事ができます。

信頼できる不動産屋さんを選びそこで希望する物件を探す

一戸建ての家を購入することを夢見て一生懸命働いている人が沢山いますが、こういった買い物は一生に一度の経験になることが多いので予めしっかりと確認しておくことが重要です。 どのような形でマイホームを手に入れるかに関しては前もって考えておくのが一般的ですが、素人だけで決めるとよく分からず後で後悔してしまうこともあります。 そこで一戸建ての家に関して詳しい人にアドバイスをもらうのが良いのですが、殆どの場合不動産屋さんに行ってそこのスタッフから話を聞くことになります。 一戸建ての家を購入する際には殆どの場合不動産屋さんを通すことが多いのでそこで希望する条件などを提示しながら相談に乗ってもらうことになりますが、沢山ある物件の中から良さそうなものを選ぶケースが多いです。 場合によっては注文住宅の家を希望する人もいてその場合には一から話し合いを行って家を建てることになりますが、いずれにしても信頼できる不動産屋さんを見つける必要があります。

おすすめ不動産関連サイト

新しい物件探しで新生活のスタートをフォローしてくれる不動産屋です。

池袋 不動産

新生活のための不動産比較サイトです。

池袋 不動産 比較

赤羽 不動産 比較

新着情報

◎2024/4/3

不動産と空き家の活用術に関する情報
の情報を更新しました。

◎2024/2/16

不動産担保で融資を受ける
の情報を更新しました。

◎2023/11/15

清潔な環境づくりを大切にしよう
の情報を更新しました。

◎2023/9/28

慎重に計画を立てる事で結果が変わる
の情報を更新しました。

◎2023/6/19

インフレーション時の不動産投資のメリットとは
の情報を更新しました。

◎2023/4/11

不動産の老朽化は日本各地で起こっている現象
の情報を更新しました。

◎2023/1/16

不動産選びの際にはユニークな設備もポイント
の情報を更新しました。

◎2022/11/17

不動産の好立地の条件について
の情報を更新しました。

◎2022/08/20

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

情報を更新しました。
>賃貸として不動産を探す際のポイントを把握しておく
>信頼できる不動産屋さんを選びそこで希望する物件を探す

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

情報を追加しました。

> 不動産でよく使われている専門用語について
> 不動産のメリットとは何か?現金とはどう違うのか
> 不動産はすぐに現金化できないのがデメリット
> 不動産を手に入れる場合のマナーを知っておく
> 不動産を相続出来るのは第三順位の血族まで

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

不動産を売る時のチェック
の情報を更新しました。

◎2022/8/10

サイト公開しました

◎2022/6/16

情報を更新しました。
>賃貸として不動産を探す際のポイントを把握しておく
>信頼できる不動産屋さんを選びそこで希望する物件を探す

◎2022/3/8

スムーズに物件を紹介してもらうには
の情報を更新しました。

◎2022/1/13

物件の価値などを十分に理解してくれる不動産を選ぼう
の情報を更新しました。

◎2021/10/7

情報を追加しました。

> 不動産でよく使われている専門用語について
> 不動産のメリットとは何か?現金とはどう違うのか
> 不動産はすぐに現金化できないのがデメリット
> 不動産を手に入れる場合のマナーを知っておく
> 不動産を相続出来るのは第三順位の血族まで

◎2018/5/8

不動産売買仲介業の歴史
の情報を更新しました。

◎2018/3/2

不動産を相続するときのポイント
の情報を更新しました。

◎2018/1/19

なぜインフレに強いと言われるのか
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

マンションの売却依頼のコツ
の情報を更新しました。

◎2017/8/10

価値をあげるテクニック
の情報を更新しました。

◎2017/7/7

サイト公開しました

「不動産 仲介」
に関連するツイート
Twitter

だったのに内心驚いていた。外国人が日本の不動産を買い漁るというニュースを最近見聞きするのになぜ?と思っていたが、彼らは(少なくとも中国人の場合)単に言葉の問題というだけでなく、グレーなことも含めて事情が分かって全てやってくれる同国人の仲介が必要なのだ。

マスクお願い店情報 ハウスメイトショップ 立川店 | 東京都立川市 不動産仲介業 確認日 2024/02/11 「ご来店のお客様へご協力のお願い 店内でのマスク着用」

◎浦添市の売買中古マンション|最新の新着物件 7/18更新⑤ 【不動産のグラモック】でご購入すると、 ・物件価格の『値下げ交渉』🏡 ・仲介手数料が『最大無料』or『必ず大幅割引』 ・キャッシュバック付✨

返信先:不動産仲介の私に聞かないでどうするんだよ

仲介手数料最大無料の不動産サービスあるけど、価格交渉もしてくれるのは嬉しい🐨💫 リノベーション済やリフォーム済の中古マンションも 新築分譲一戸建ての多くが無料の可能性が高いなら相場や計算方法がわからない人には仲介手数料無料なのかすぐ診断できるし助かる🏘️ [PR]